タバコを吸うと顔がくすむのは活性酸素が発生するからです。

MENU

タバコとくすみの関係

 

喫煙はくすみだけでなく、肌の張りや艶、潤いなどを失わせます。

 

どういう理由でタバコが肌に悪影響を与えるのでしょうか?
それは、煙草を吸うことで、一酸化炭素が体内に取り込まれてしまうからです。

 

一酸化炭素が体内に取り込まれてしまうと、血液中のヘモグロビンが、一酸化炭素と結合するので、酸素を運ぶという働きをしなくなり、細胞中の酸素が不足します。
その為、血行が悪くなり、肌に十分な栄養が届かなくなってしまうのです。

 

このような状態になると、肌の色が暗くなり、くすみとなるほか、乾燥や肌荒れも起こってしまいます。

 

 

煙草に含まれるニコチンには、血管を収縮させるという特性があります。

その為、さらに血行が悪くなるので、体が冷えて代謝が悪くなり古くなった角質がたまってしまいます。
タバコの煙にも活性酸素が含まれていますが、体内でもタバコのタールに反応して活性酸素が発生します。

 

活性酸素というのは、強い酸化力を持つ物質で、細胞を酸化させ、破壊する人体に悪影響を与える物質です。
この活性酸素を除去するために、体内からはたくさんのビタミンCとEが失われてしまうため、肌からもビタミンCが不足し、コラーゲンが作られなくなります。

 

その結果、肌からハリが失われたり、メラニンを減少させることができないので、しみやくすみができてしまったりします。

 

世界的に喫煙が進む中、日本でも喫煙者数は減少していますが、その中で若い女性の喫煙率だけが増加しているのが現実です。

 

タバコはくすみだけではなく、しわ、クマ、吹き出物、ハリのない肌、毛穴の目立つ荒れた肌などの現象の原因となります。
要するに、タバコは肌の老化を急速に進めるということです。

 

顔色や唇の色も悪くなりますし、もちろん体全体にも良い影響は全くありません。
喫煙を心掛けて、きれいな肌と健康な体を保ちましょう。