メラニン色素が沈着してしまう理由をわかりやすくまとめました。

MENU

メラニン色素の沈着とは

メラニン色素の沈着は肌の色素細胞である「メラノサイト」からメラニン色素が過剰に分泌されて起こります。

 

なぜメラニン色素が過剰に分泌されるかと言うと、肌が刺激を受けたときにその刺激から肌を守ろうとしておきる防御機能が働く為です。

 

メラニン色素の沈着はさまざまな原因によって起こります。

 

 

紫外線によるメラニン色素の沈着

一般的に良く知られるメラニン色素が沈着する原因です。
紫外線を大量に浴びることで肌の表皮細胞で活性酸素が大量に発生し、その活性酸素から肌を守ろうとしてメラニン色素が過剰に分泌され、シミになってしまいます。

 

一般的に分泌されたメラニン色素はターンオーバーによって体外に排出されるのですが、紫外線を浴び続けたりターンオーバーが正常に機能しないと、そのまま肌に残り続けてシミになってしまう原因になります。

 

紫外線

 

 

ニキビによるメラニン色素の沈着

ニキビなど肌に炎症が起きてしまうと肌に活性酸素が発生し、その活性酸素から肌を守る為にメラニン色素が過剰に分泌されます。
ニキビなど肌の炎症部分は肌のターンオーバーが正常に働かない為、分泌されたメラニン色素がそのまま残ってしまい、メラニン色素の沈着が起きてしまいます。

 

 

メラニン色素の沈着を防ぐ為に

まずは紫外線を防ぐ為の対策を行う事が大切です。
夏場は日差しが強い為、日傘や日焼け止めなどできちんと対策を行っている人が多いでしょうが、秋や冬などになると日焼け止め対策をしなくなってくる人が多いのではないのでしょうか?
しかし、紫外線は季節や雨天などに関係なく肌にダメージを与えるので、季節や天候に関係なく常時対策を行うようにしましょう。

 

また、肌のターンオーバーを正常にする事が出来ればメラニン色素を体外にきちんと排出する事が出来るので、バランスの良い食事や睡眠など生活習慣の見直しを行うようにしましょう。

 

その他に、肌を乾燥させないように保湿もしっかりと行いましょう。