自分でも簡単に目の下のくまを取るにはどのような方法があるのでしょうか?

MENU

目の下のくまを取る方法

目の下のクマを取るためには、血液の循環を良くすること顔の筋肉を動かすことが必要です。

 

血液の循環が悪くなる原因

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 眼精疲労
  • 偏った栄養バランス
  • タバコ

などによって、新陳代謝が活発に行われなくなり、ターンオーバーが正常な周期ではなくなってしまうことが考えられます。

 

血液の循環を良くするためには、

  1. マッサージ、スチームを当てるなどの方法で血液やリンパの流れを順調にする
  2. 質の良い睡眠をとる
  3. 栄養バランスを整える
  4. 保湿成分の配合された化粧水や美容液を使って保湿ケアをする

などが、目の下のクマを取るために効果的な方法です。

 

そして、もう一つの原因は、顔の筋肉を動かさない為に、目の周りを囲んでいる眼輪筋の動きが悪くなっていることです。

 

人間は、無意識のうちに眼輪筋を使って、瞼を動かし、瞬きを繰り返すということと同時に涙の調整をしているので、目が心地よい状態に保つことができているのですが、眼輪筋の働きが悪くなると瞬きをする回数が減り、ドライアイになったり目の下のクマができてしまったりします。

 

その為、顔の筋肉を動かして眼輪筋を鍛えることが、目の下のくすみを取るのに効果的な方法です。

 

眼輪筋を鍛えるためのトレーニング

眼輪筋を鍛えるためのトレーニングは、鏡を見て顔の筋肉を確認しながら行いましょう。

  1. まぶしそうな目つきをする

    普通の状態であれば、まぶしそうな目つきをすると、眼輪筋の下の部分が上に上がりますが、あまり動かなかったら、眼輪筋が衰えている証拠です。
    その部分が動くようにするためには、指で目尻を引きあげたまま、頬の筋肉を動かさず、眼輪筋を使って目を閉じ、今まぶしそうな眼をしても動かなかった部分を動かします。

  2.  

  3. 次に、上瞼を指で眉毛の近くまで押し上げたまま、眉毛を動かさないようにしながら目を閉じ、下瞼を動かします。

    急激に、何回もやる必要はないので、洗顔後などに日常の習慣としてやってみましょう。